お食事

お食事
お食事

メインシェフ・小竹隼也が、自ら生産者の
もとを訪れ見いだした地元の食材と、
フランスで学んだ技術で
新たなマリアージュを生み出します。

地元でとれる新鮮な食材、例えば牡蠣やムール貝、シラスといった海の幸はもちろん、
オリーブや柑橘類、野菜、果物、イノシシ肉
といった瀬戸内が有する大地の恵みが
四季折々で登場します。

大地の豊潤さ、季節の息吹、生産者の
思いを載せた江田島荘ならではの一皿を、
五感でお愉しみください。

メインシェフ 小竹 隼也 Junya Kotake

メインシェフ 小竹 隼也 Junya Kotake

1990年生まれ。広島市出身。『第1回ひろしまシェフ・コンクール』の成績優秀者として、広島県の支援を受け渡仏。フランスでの3年間は、ミシュランガイド2つ星「ラ・グルヌイエール」のオーナーシェフで、世界環境会議(COP21)にて、フランス政府から4大シェフとして選定されたアレクサンドル・ゴチエ氏に師事。フランスの片田舎で、地元の食材や地元の人々とのコミュニケーションを大切にしながら一皿一皿を創り上げるゴチエ氏に感化され、帰国後、その街の姿を江田島に重ね合わせることとなり、2018年から江田島に移住。

えたじまロカヴォーレ locavore

えたじまロカヴォーレ locavore

locavore(ロカヴォーレ)とは……「local = 地元」と
「vore = 食動物」から生まれた新語で、
「地元でとれた食物を食べる」という意味です。

生産者の思いや江田島の風景が
“ブワッ”と広がるような一皿を表現いたします。

「ここでしか味わえない料理 = えたじまロカヴォーレ」を
ぜひご堪能ください。

close
コメント
コメント
上部へ戻る Page Top